あなたはプラチナ派?それともゴールド派?

結婚指輪はプラチナが定番であると言われていますが、最近ではゴールドの結婚指輪を購入する人も増えてきているようです。

実際、結婚指輪にプラチナを選ぶのは、日本のみで見られる傾向であり、海外では、結婚指輪といえば、イエローゴールド、またはホワイトゴールドが主流になっているのです。

このように、結婚指輪の素材としては非常に適している素材のプラチナとゴールドには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

それぞれの特徴を知ることで、より自分に合った結婚指輪の素材を決めやすくなることでしょう。

まず、プラチナは、落ち着きのある白色であることから、ダイヤモンドと最も相性がいい素材といわれています。

また、プラチナもゴールドも、表面にはメッキのコーティングがされるのですが、プラチナは、メッキが剥がれてしまった場合でも、素材自体の色が白いことから、色の違いが目立たないのが特長です。

価格面では、プラチナのほうがゴールドよりも希少性があることから、高額となっています。

プラチナよりも表面に輝きをもっているのがゴールドです。

また、硬い素材であり加工がしやすい為、細かいデザインも可能となります。

ゴールドの一番の特長は、色にバラエティがあり、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、そしてイエローゴールドと自分の好みの色を選ぶことができます。

ゴールドには、金の含有量によって24K、18K、そして14Kと3つの種類がありますが、耐久面と金の純度による輝きを考慮すると18Kが最も相応しいようです。